ペットが熱中症にならないために!犬と猫で異なる特徴的な体温調整〜内部と外部の要因からみた熱中症対策方法〜

ペットの健康を維持するために、熱中症の原因と対策について知る

近頃気温がどんどんと上昇してきていますが、もうペットの熱中症対策はお済ですか?「熱中症」が起こる際には、2つの要因が関係しています。今回はペットが「熱中症」にならない為に、内部と外部の要因からみた「予防」についての情報をお届けします。

熱中症とは

体内の温度が急激に上昇し概ね40℃を超えると、呼吸器系や感覚神経がマヒし、呼吸の乱れや嘔吐、よだれなどの症状が出ます。一度「熱中症」になってしまうとなかなか回復しにくいため、応急処置を行ってなるべく早く病院に連れて行き、獣医師の診察を受ける必要があります。そうならないためにも「予防」はとても大切です。

熱中症が起こる2つの要因

「熱中症」が起こる際、2つの要因が関係しています。一つは、気温の上昇などの外部要因による体温上昇。二つ目は、体温調整が出来ずに体温が上昇する内部要因があります。では犬や猫は、どのように体温調整しているのでしょうか?

犬や猫はどのように体温調節をしているの?

ペットが快適に暮らすために知る、犬と猫で異なる体温調整の方法

人間の場合、体温が上昇した際には、体温を下げようとして汗をかき、気化熱を利用して体温上昇を抑えます。同様に、犬も猫も汗で体温調整するものの、人間に比べて汗が出る「汗腺」が非常に少なく、汗による体温調節だけでは十分に体温を下げることができません。その為、犬と猫には特徴的な体温調整方法が見られます。

特徴的な体温調整法

犬の特徴的な体温調節は、「パンディング」と呼ばれる呼吸法です。散歩中などでよく見かける舌を出して「ハッハッハッ」と呼吸をしているあれです。犬はパンディングをする事により口の中に風を通し、気道や舌にある水分を利用した気化熱で体温を下げています。

一方、猫はもともと汗をかきにくい動物です。猫も興奮して遊びすぎたりするとパンディングをする事がありますが、体格や骨格が犬とは違い、パンディングをする為には様々な筋肉を使います。筋肉を使うことで逆に体温が上昇してしまい、あまり効果がありません。そこで猫は、「耳」を使って体温調整を行います。猫の耳は毛細血管も多く、表面の毛も少ない為、効果的に体温を下げる効果があります。また、自分の身体をなめるグルーミング行動は、体に水分を付けて気化熱効果で体温管理をしているともいわれています。では具体的にどのようにして熱中症を防げばよいのでしょうか。

熱中症の対策方法

ペットが楽しい暮らしを維持するために必要な、熱中症の対策方法

外部要因の対策は、屋外であれば直射日光を避け木陰で風通しの良い場所を確保してあげましょう。屋内であればカーテン等で日差しを遮光し、室温が上がらない様な対策と、風通しの良い環境が必要です。留守中で窓を開けられず換気が出来ない場合は、エアコンなどを利用しての対応が効果的です。我が家では日中留守にする時はエアコンのみですが、基本25℃〜26℃でつけっぱなしです。

内部要因の対策は、気化熱によって体温調節を行うための水の補給が不可欠です。犬も猫も人間同様に体内の約60%は水分ですが、身体の大きさでその水分量は違うことから、こまめに水分補給できる環境が大切です。また、気化熱効果には風通しの良い環境が必要です。扇風機を併用して空気の流れを作って対応すると効果的です。

気温25℃以上から要注意!

特に気温が25℃以上の日は注意が必要です。散歩などの外出は極力控えるのがおすすめですが、おでかけする際はところどころ、木陰などで涼める環境を作ることが大切です。また、室内飼いの場合は「エアコン」などを利用して室内の温度上昇を抑えましょう。

気になるエアコンの電気代

そこで気になるのが「電気代」だと思いますが、例年、外気温が高い時期は確かに電気代が2000〜3000円上がります。 ですが、仮にペットが熱中症になって病院へ行った際にかかる費用を考えれば安いものだと思います。何よりも「命の危険」のリスクがあるのに「電気代が・・・」とは言えませんよね?

★おすすめアイテム★

ペットの住まいを快適にする、温湿度計のにゃんこ計

にゃんこ計

音声で温度と湿度を教えてくれます。熱中症には温度と湿度の確認が大切です。床に近い位置で測定することでペットの体感温度を確認しましょう。

ペットのおさんぽを便利にする、ボトルホルダー付ぺたんこボウルS

ぺたんこボウルS ボトルホルダー付

持ち運びが便利なコンパクト収納式の水のみです。ドリンクホルダーもついているのでペットボトルと一緒にカバンやベルトに付けられます。

PAGE TOP