猫の感染症と対策

ペット生活を楽しくするために必要な猫の感染症と対策

世の中には様々な感染症が存在します。その中でも猫が感染、発症する感染症を紹介します。

主要3種ウイルス感染症

【猫カリシウイルス感染症】

風邪によく似た症状でくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などが症状として出ます。口腔内に潰瘍、水疱ができるのが特徴で、稀に急性結膜炎や鼻炎、一過性の発熱の他、関節と筋肉の痛みの為にうまく歩けない様な状態になる事もあるようです。「猫のインフルエンザ」とも言われており、この感染症に感染する猫は非常に多いそうです感染は猫から猫に感染しますが、感染した猫と触れ合った人間が、自宅に戻り自分の飼い猫と接触する事による感染も確認されています。また、子猫の場合は他の病気との合併症により症状が悪化し、死亡する事もあるそうですので注意が必要です。

【猫ウイルス性鼻気管炎】

風によく似た症状の他に、角膜炎や結膜炎がみられ、重症になると死亡することもあるようです。感染した猫からうつりますが空気中の微粒子、食器、寝具などからも感染するようです。

【猫白血病ウイルス感染症】

風によく似た症状の他に、角膜炎や結膜炎がみられ、重症になると死亡することもあるようです。感染した猫からうつりますが空気中の微粒子、食器、寝具などからも感染するようです。

【猫汎白血球減少症】

発熱、嘔吐、下痢などの症状が見られることもあり、子猫では食欲消失、元気消失になり死亡率の高い病気です。妊娠中の母親が感染すると流産、異常産を起こす事もあるようです。感染すると経過が早く、治療が困難な為、ワクチンによる予防が大切です。別名:猫ジステンバーまたは、猫伝染性腸炎とも呼ばれています。

上記3種ウイルス感染症には、混合ワクチンの接種による予防が有効です。動物病院で接種できますが、病院により「事前予約制」や「予防接種は午前中のみ」などあるようです。病院へ行く前にHPなどで調べるか、直接問い合わせてからの接種がスムーズです。

3種以外にワクチンのある病気

ペットが健康生活を送るために必要な3種以外にワクチンのある病気

【猫免疫不全ウイルス感染症】

別名「猫エイズ」とも言われていますが、感染の多くはケンカ時の傷からの感染で、感染すると初期に発熱やリンパ球の腫れが見られ、その後、長い無症状期間を経て「猫免疫不全症候群」と呼ばれる時期に入ります。抵抗力の低下により、口内炎、下痢などの症状が現れ、次第にやせ衰え死に至ります。 室内飼いではなく、外出猫さんの場合はワクチン接種をお勧めします。

【クラミジア感染症】

主に感染している猫と接触する事により感染します。結膜炎が代表的な症状ですが、くしゃみ、鼻水、咳や肺炎を起こす事もあります。重症化すると死亡することもあります。 室内飼いではなく、外出猫さんの場合はワクチン接種をお勧めします。

【猫白血病ウイルス感染症】

唾液中にウイルスが多く含まれ、グルーミングやケンカなどで感染します。感染初期は一時的に元気がなくなりますが、その後は回復して元気に戻ります。しかし、数ヶ月〜数年間の潜伏期間を経て発症します。著しい免疫力の低下で、貧血や白血病など様々な病気を引き起こします。発症すると多くは死に至ります。

以上の3種は飼育方法や環境によって、ワクチン接種を決めたほうが良いとされています。ワクチンも我々人間のインフルエンザ予防注射と同じで、完全な予防はできません。また、接種による副作用の危険性もある為、獣医師とよく相談して決めましょう。

PAGE TOP