犬のライフステージと栄養管理

犬のライフステージと栄養管理〜ペットの成長と健康維持のためのドッグフード選び〜

愛犬にはどんなご飯をあげていますか?総合栄養食?特別療法食?中には手作りフードという方もおられるかもしれません。犬にはドッグフードですが、本当にそれでいいのか、など考えたことはありませんか?ライフステージによる栄養管理について調べてみました。

離乳期・成長期

生後4〜5ヶ月までは、体が著しく成長する時期です。子犬は身体を維持するだけでなく、身体を大きくするために組織を作っていかなくてはなりません。

このためどんな犬種でも子犬の体重1kgあたりに必要なエネルギーが成犬より多くなります。タンパク質やミネラル、ビタミンなどの栄養必要量も成犬より多い反面、子犬はまだ消化機能が未熟です。そのため子犬のために作られたフードを与えなければなりません。

またこの時期に、骨の成長を心配してカルシウムを多く与えたくなる方もみえますが、成犬と違い、子犬はまだ必要量だけカルシウムを吸収するということができません。カルシウムの過剰摂取となり、かえって病気になる可能性もありますので、注意が必要です。

子犬・パピーのドッグフードは成長に必要な栄養素がバランスよく含まれたサイエンスダイエットをはじめとするペット総合栄養食が最適

生後4〜5ヶ月になると脂肪組織が発達してきます。そのため、過剰なカロリー摂取は肥満につながりますので、適正量を与え、体重の管理も行っていきましょう。

成犬期

成犬期では、成長のためのエネルギーや栄養が必要ではなくなります。犬種の特性、避妊や去勢手術の有無など、個体差に合わせて最適な栄養バランスの食餌が大切になってきます。特に、カロリーの過剰摂取は避けて理想体重を維持するようにしましょう。

成犬やシニアのドッグフードは成長に必要な栄養素がバランスよく含まれたサイエンスダイエットをはじめとするペット総合栄養食が最適

中・高齢期

中・高齢期になると、老化から体を守り、健康を維持するためにフードの役割は一層大切なものになります。

ビタミンC・E、ルテイン、タウリン、ポリフェノールなどは抗酸化作用があり、加齢に伴う酸化ストレスからから身体を守ってくれます。また、良質のタンパク質も大切です。中・高齢期の犬では食餌中のタンパク質を効率よく利用できない上、筋肉も分解されやすくなるためです。

被毛の質を維持するためには不飽和脂肪酸が不可欠です。加齢に伴い自分では合成できなくなるため、食餌から積極的に補う必要があります。

中・高齢期になると動きが緩慢になり、運動不足にもなりがちです。これは一概に加齢のためだけでなく、関節炎などのトラブルを抱えていたりすることも原因です。関節の健康にはグルコサミンやコンドロイチンが有効です。これらの成分も食餌から積極的に補うとよいでしょう。

もちろん、すべての犬が健康で中・高齢期を迎えているわけではありません。何かトラブルを抱えている場合には、それに応じた食餌が管理が必要になってきます。

★おすすめアイテム★

子犬の成長をサポートするドッグフード「プロプラン オプティスタート 超小型犬・小型犬 子犬用(チキン)」

プロプラン オプティスタート 超小型犬・小型犬 子犬用(チキン)

子犬のドッグフードでおすすめな、「プロプランオプティスタートの超小型犬・小型犬・成犬用」は、美味しさと栄養を追求した最新テクノロジーによる栄養設計は、愛犬の生涯にわたって健康を守ります。身体全体の健康を維持し、理想的なコンディションを保ちます。

その他の子犬用おすすめアイテム↓

シニア(高齢)犬の健康維持におすすめな「サイエンスダイエット缶詰 シニア 高齢犬用 7歳以上 チキン」

サイエンスダイエット缶詰 シニア 高齢犬用 7歳以上 チキン

シニア(高齢)犬のドッグフードでおすすめな、「サイエンスダイエットシニアのチキン(缶詰)」は、理想的な消化・吸収組成で内臓の健康を維持。科学的に証明された抗酸化成分が高齢犬の健康を維持し、本来の免疫力を保ちます。

その他のシニア犬用おすすめアイテム↓

PAGE TOP